FC2ブログ

星に願いを <すべてのアーティストにむけて>

魅力的なアーティストの作品を、より多くの人々の手にとってもらえる空間作り

スポンサーサイト

Posted by Amari(あまり) on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空間ディレクション・パターン①

Posted by Amari(あまり) on   0 comments

こんばんは、空間ディレクター・Amariです。

先日は“空間ディレクションとは”をテーマにご説明しましたが
今回は実際にアーティストの作品を使って空間ディレクションの内容(ディスプレイ状態)の画像を添えながら、パターン別でご説明させていただきます。


パターン①:レンタルBOXタイプでの委託販売
アーティスト名:yuAri(ゆあり)
         「特別な日、ほんの少しいつもと違う自分を演出したい時に、
         そっとお華をそえてあげたらいい。」
         をコンセプトに、革やビーズを使ってアクセサリーを制作。

★まずは今回ディスプレイするyuAriのアクセサリー↓
yuari saku

ネックレス:5点 ヘアピン:4点 バレッタ3点 ブローチ:1点

★アーティスト本人がディスプレイした状態(BOXのサイズ→縦32㎝×横50㎝ 奥行き17㎝)
yuari dis

・什器を使用→王冠型のリング台 アンティーク風お皿型の小物入れ
・アーティストの名刺
以上を使いながら、アクセサリーと一緒に飾っています。


★そこから、私Amariが手を加えた状態
yuari.jpg

同じ什器を使いつつも、作品の世界観・美しいシルエットを際立たせるために配置をシンメトリーに変え、BOXの中は少し暗かったのと、さらに奥行きを出すために電飾(※)を設置します。
(※)電飾は私個人の私物ですが、ご要望がありましたら無料で貸し出し可能です。

★そうすることによって得られたメリット

・真ん中に視点を持ってこられることで、お客様が作品ひとつひとつを順番に見ていくことが出来る
→作品をじっくり見てもらい、作品の良さを伝えられる

・電飾(照明)を使ったことで、レンタルBOXショップ内の他のアーティストと並んだときに、まず自分のBOXに目を向かせることが出来る上に、雰囲気作りの役割を果たしています
→ショップ内は基本数多くのアーティスト作品を販売しており、その中で埋もれないようにするのを防ぐ

これらをふまえて、制限されたBOXの中でさえもディスプレイ次第でミニチュアの素敵な世界を作り上げ、BOXという委託スタイル自体も活かすことが出来ます。
そして何よりも“作品本来の魅力を伝える”ことにつながり、それは世の中の人々に知ってもらうきっかけを作ることにもなるのです。



いかがだったでしょうか?
今回の「空間ディレクション・パターン①」はいくつかあるパターンの中でも、かなりカジュアルなディレクションスタイルになります。
料金も比較的リーズナブルで、「簡単な手直しだけしてほしい」・「あまり什器にお金をかけたくない」・「打ち合わせなどの時間はとれないから、なるべくやり取りを少なくしたい」という方にオススメです。

展示スペースや展示期間、依頼するアーティストが希望する内容によって合わせた様々なディレクションスタイル・料金プラン等の提案をしています。
質問・疑問・ご相談等ございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。
メールフォーム・Facebook・コメント欄で随時承っています。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。